スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホラー作品『四五度』その1

……まただ。また私を見てる。アイツは何者なんだ?
私にストーカーしてくるアイツの正体。
それが人間であれば、即刻警察に通報していた。
親にも相談できるし、なんらかの対策方法がある。
大声を出す事もできた。だけど私にはその手段もなかった。
だってそれは私にしか見えないものだから。
だけどおかしいのはストーカーというのならば後方から
追っかけてくるものだろう。
けど、私のストーカーは違う。まるで私がストーカーしてるというか
追ってるように思える。だってアイツは、きちんと前方斜め45度角で
私を見ながら、よくもまあ器用に後ずさるようにして私の前を歩くのだ。
目が斜めについてるのか全くわからない。
彼はエイリアン……だろうけど、大人くさいのでエイリさんと
呼ぶ事にした。
しかしどうして私なのだろう、勘弁してほしい。
顔をしかめっ面して見ても、そんな気持ちを汲み取れる生物じゃないのはわかる。
だって、私の視界にそんなグロテスクなものがずっと移り続けていたら
不快感しか抱けないのだから。
あ、電柱に頭ぶつかった。少し痛いのかな、動きが少し緩くなった気がする。
でも後ろしか向いていないのだから当たり前だよ。
物にぶつかるって事は本当に存在するんだと思う。
じゃあ、なんで他の人に見えないんだろう。
エイリさんは、ただただ私を見ているだけで後ずさりを続ける。
スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © SFキャンディ All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。