スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魔法



何を思ったか、突然女性を作りたくなったもんだから
彫刻して女性を造ってみた。
その木に魔法をかけ、木の彫刻は魂を宿した。
しかし、木で出来ているものだから、動きはどこか
ぎこちない。
ぎぃぎぃという軋んだ音を立てながら駆動する。
それが妙に愛着がわく。
なぜか、手を取って一緒に歩きたくなる。
こいつは木だ、木なんだ。
俺が彫って作った木に過ぎないんだ。
魔法を解いてしまおうか、解かない方が良いか。
彼女に葛藤を抱く。
ちくしょう、まるで俺が魔法にかけられたようだ。
そうか、これは木に魔法がかかったんじゃない。
俺が魔法にかかっただけなんだ。
俺は解除魔法を自分にかける。
すると、彼女はもう木に戻っていた。
しかし、腑に落ちない。
まるで、彼女には命があるようだった。
木を何度眺めても木は木だった。
そこで不意に声をかけられる。
「ねえ、どうしたの?」
その声の方に振り向くと。
スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © SFキャンディ All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。