スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【digitalnic】


強い日差しに黄色い砂浜は照らされている。
――そして海は荒かった。
電子世界の海はキメが荒い。
それがこの世界を現実のものではないと示している。
榊一樹は電子の海とそこに居る少女を見る度に
溜息が出る。
少女は体育座りのまま、一樹を見る事もなくただ
荒い電子の海を見ていた。
「イっちゃんまた来てくれたんだね」
喜んでるようで生返事のような曖昧な返し方を
する少女。
「どうして、振り返らないでわかったんだ、初夏」
「振り返らなくても分かるから」
寂しく憂いた声で鳴く彼女。
一樹はただ、何も言えず立ちすくす。
だから初夏は
「来てくれてありがとう」
とだけ言う。
その様子が儚げで切なくて一樹の心を痛めつける。
初夏は死んでいる。
では目の前にいる初夏は誰かといえば誰なのか。
それは一樹も答えられなかった。
それでも波の濤声だけは二人に届いていた。
この世界であっても電子生物が成長する事はできる。
初夏は事故を起こして、心肺停止したが初夏の脳は無傷ですぐにデータバンクに保存されたからこそ今の彼女がいる。
一樹としては、初夏と会える事は嬉しいがいつも初夏の浮かない顔を見て
何とも言えなくなる事を繰り返していた。
それでも一樹は電子の浜に足繁く通っていた。
ある日、初夏の様子が可笑しい事を一樹は感じていた。
「かーずきっ」
ここ最近の初夏ではない。活気に満ちた声。
まるで事故を起こす前の様。
一樹は昔のように初夏に接していた。
「もうね、悩まなくて済むんだ」
「そうか、寂しくなるな」
一樹から見える電子の海は涙のせいかいつものような粗さが無かった。
「違うよ。ずっと一緒にいる方法を思いついたんだよ」
「一緒? どういうことだ?」
「それはね、一樹も電子の人になればいいんだよ」
「そんなの、馬鹿げている。俺とお前は」
「私はずっと探してたんだよ。ずっといっぱいいっぱーい考えたの。
体育座りをしてね。そしたら管理機構にハッキングできたんだ。
電子の人間もやっぱり人間なんだよ。それで私がこの世界を
支配できるようになったんだ」
「皆を巻き込んでどうするんだ」
一樹は声を挙げて叫ぶ。
「……そうすればこの世界が現実なんだよ、だから大丈夫」
電子の世界は電子人間に整備されていった。
スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © SFキャンディ All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。