FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2本目~

2本目 感情を呼び起こす道具の話。

設定何も考えてないような薄っぺらさがありました。
この作品で必要だったのは、道具では何も解決しないということです。
というのもこの作品のキャラは全くといっていいほど依頼人の女の子に寄り添ったり
知ろうとするという力が皆無でした。
人に寄り添わなければ人が答えないのは当然でしょう。


心を開放する話の場合、私ならばホラーしかおもいつかないですね。
塞ぎこんでる男性。その男性は、ただ自分を取り戻したいとだけいいます。
しかし、店員が調べていくうちに、治癒を繰り返していくうちにこの男性が連続殺人鬼だということをしります。
あるときその客はもうこなかった。
テレビのニュースで連続殺人鬼がまた犯行をおかす・・・。

とまあこのように、設定が息苦しいと面白くするのにも限界があります。

3本目はコールドスリープによって男性が氷漬けで若いまま、そのコールドスリープ機を毎日掃除していた女の子が
老人になってしまい・・・・・・というお話。結局男性も女性をコールドスリープして50年後に再開。
これはオチがよめた。
この作品の改良点、それは時間というのは人を変えてしまうということです。
時間で変わらないものなんてこの世にはない。愛だって姿形をかえます。

ファンタジーではないかぎり、矛盾したものを描いてはいけないんです。

ではこの作品をどうすればよくなるか、

コールドスリープは1人で目を覚ます。
それは、この老婆自身はすでに結婚していた。別の時間を過ごしていたことを描くべきなんです。
こうして時間とは人をかえてしまうことを知る男性ですが、その老婆はまた現れる。「あなたのこと忘れてはいない」
思い出の場所を散歩するんです。こうして思い出だけは変わらない、嘘出ないものを知る。
そして新しい人生をまた歩む。

映像化する監督の能力にもよりますが最低これぐらいはやってほしかったなと思いました。





スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © SFキャンディ All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。